銀行カードローンでお金を借りる

キャッシングを始めるとき、申込先として消費者金融や銀行でお金を借りるカードローン、クレジット会社があります。
中でも銀行カードローンは低金利でお金が借りられ、銀行でお金を借りるといった安心感から人気があります。

 

[銀行カードローンのメリット]
銀行でお金を借りるカードローンの金利は消費者金融や信販会社のキャッシングに比べて低いことや融資限度額が高く最高で1,000万円といった融資限度額を設定しているカードローンもあります。
銀行カードローンは目的ローンのように担保や保証人が不要で、本人の信用度が担保になるので、審査がきびしくなることや、審査に時間がかかります。
また即日融資が不得手としていた銀行は、最近は消費者金融やクレジットと提携し、消費者金融やクレジット会社が保証会社となっています。
審査はそれらのノウハウやシステムも利用するので即日融資ができる銀行が増えています。
また、消費者金融ではキャッシングはむつかしい専業主婦も、銀行カードローンなら年収がなくても利用でき、銀行カードローンの中には専業主婦を対象にした商品があります。

 

銀行でお金を借りるとなると、少し敷居が高いように感じますが、カードローンは年齢が20歳以上で安定した収入があれば誰でも申込が可能で、正社員だけではなくパートやアルバイトで仕事をされているかたでも申込をすれば簡単にキャッシングが始められます。

 

[銀行カードローンの申込方法]
申込方法はインターネットを使った申込方法があり、消費者金融とほとんどちがいはありませんが、大きく違うのは審査時間で、ほとんどの銀行カードローンで融資を受けるには審査に時間がかかり、カードが郵送になるので受け取るまでに数日かかるところが多いです。

 

最近はネットキャッシングを可能にしている銀行カードローンもあり、事前に口座を開設しておき、口座へ振り込んでもらう方法をとればカードの郵送時間がはぶけ、即日融資が可能になる銀行カードローンがあります。
またバンクイックのようにインターネットからの申込は審査時間が30分で終了することや、テレビ窓口から申し込めば40分カードの発行がされるといったスピード融資が可能な銀行もあります。

カードローンとは?

お金を借りる手段の一つに、カードローンがあります。
今では様々な先が、多くのカードローンを商品化しており、わたしたちにもすっかりおなじみになっています。
しかし、そもそもカードローンとは、どのような借入なのかきちんと説明できるでしょうか?

 

カードローンとは、銀行やその他の金融機関などが提供している、無担保・無保証の個人向け小口融資のことです。
その名の通り、お金を借りる場合には、専用のカードを使用します。
専用カードを、ATMやCDに投入してお金を引き出し=借入を行います。
ATMとは「現金自動受払機」の略で、現金の引き出しと受け入れが行える機械のことです。
一方、CDとは「現金自動支払機」の略で、現金の引き出ししかできない機械のことをいいます。

 

小口融資ですので、カードローンで借入できる金額は数十万円単位から数百万円単位となっています。
しかし大口のカードローンも一部商品化されており、数千万円単位の借入も可能となっています。
基本的には個人向け融資ですから、お金の使い道(資金使途)は個人の消費性資金に限られます。
ただし、事業資金にも利用できる「事業者カードローン」も商品として提供されています。

 

カードローンには利用できる「借入限度額」が設定されています。
この「借入限度額」の範囲内で、お金の借入と返済を繰り返していくのが、カードローンの最大の特徴です。
基本的に「借入限度額」の空き枠が残っていれば、いつでも自由にお金を引き出し=借入することができます。

 

融資の一つですので、当然借りたお金は返済していかなくてはいけません。
返済を計画的に行うことが、カードローンを上手に利用していく第一歩となるでしょう。
きちんと返済計画を立てたうえで、普段の生活に活かしていきたいものです。

キャッシング返済方法、口座引き落しの注意点

キャッシングの返済方法は、銀行振込、口座自動引き落とし、インターネットバンク振込、ATMからの返済など、さまざまな形態があります。家にいながら返済ができるインターネットバンクや買い物ついでに返済できるATMは返済日前でも任意のタイミングで返済できます。口座自動引き落としは、お金が口座に入っていれば設定した返済日に自動的に支払ってくれるので利用者も多くいます。しかし便利な反面、実は意外な落とし穴があるのです。

 

キャッシングは、利用限度額内であれば何度でも繰り返し利用できるという特徴を持っています。つまり返済した金額の分、再度利用可能になるということです。銀行振込、ネット振込、ATM返済では支払いがすぐに反映されるので、短時間で返済した分のお金を引き出すことが可能です。しかし、口座自動引き落としの場合はそれができないということが起こります。

 

なぜ口座自動引き落としだけに制約があるのでしょうか?それは銀行が利用者と金融業者の間に入っているからです。他の方法では、利用者と金融業者での取引になります。しかし間に銀行が入ることで、利用者から銀行へ、銀行から金融業者へとステップが多くなります。また銀行から消費者金融へデータが届くまでに2営業日から1週間程かかるためにタイムラグが生じ、利用者側では支払いを済ませた状態になっているのに金融業者側ではそれが反映されていない状態になるのです。

 

返済と同時に引き出すような状況はそうそう起こりませんが、知っておけば冷静に対処することができます。それぞれの返済方法のメリットとデメリットを把握して、自分にあったものを選ぶ、またはうまく使い分けると良いでしょう。